京都市、中京区/下京区/ 滋賀県、草津市/栗東市の鍼灸は「なかむら第二針療所」と「草津栗東鍼灸院」で。不妊症、脱毛症、難聴、自律神経系疾患は当院で! 茨木市、高槻市など大阪、兵庫からも多数来院されています。

MENU

適切な治療の受け方

 妊娠のための治療を当院で希望される方に、概略をご説明します。これらは過去十数年間にわたる検証の結果から得られた、効果を最大に増幅するための治療方針です。その根拠については他のページをご覧ください。当院では漠然とした根拠ではなく、実際に基づいた計画を推奨します。

(序)共通質問

 不妊治療を受けている方全てに共通している質問。それは「いつから鍼治療を始めたらいいですか?」というものです。予約が取れることが専決なので、まずは初回をお受け下さい。初回の治療は、不妊鍼灸治療になれて頂くことも大切です。その時に、治療計画をお話します。まずはお電話でご希望の日時を指定して下さい。続いて、それぞれの段階の治療間隔などをご説明します。

(1)タイミング段階の方々

 タイミング段階の方は、長期間タイミングを取ってもなかなか妊娠に至らない方がほとんどですが、産婦人科に通院もしていない方は少なく、医師による投薬やタイミング指導を併用されている場合がほとんどです。その中で、鍼灸に来院されると、過去の不妊歴とは無関係に速やかに妊娠に至る方がたくさんおられます。
 特に印象的だったのは男性60才、女性43才のご夫婦です。体外受精を3回経験されていましたが、ご主人の治療を並行して行ったところ、精子の状態も改善され、鍼灸開始後3ヶ月で自然妊娠され、出産に至った例です。このカップルの場合は、ご主人の精子の状態と、もしかしたら着床にも問題があったのかも知れません。(詳細は「着床率、妊娠率の向上」のページ参照)

<受療ポイント>
治療間隔は、原則週に1回以内をお勧めします。1日程度の前後はかまいませんが、あまり日数が開かないようにして下さい。また過去に自然妊娠または人工授精妊娠された方の7割以上が4周期以内にご懐妊されていますが、逆に言えばそれくらいの時間は必要だとご理解下さい。

(2)人工受精段階の方々

 人工授精段階の方は、必ずしも抗精子抗体が陽性であるとは限らず、タイミングだけでは妊娠に至らないので、異なる手法を採用すべくステップアップしておられる方がほとんどです。従って、タイミング法との併用を勧めています。
 このステージで特に印象的だったのは43才の女性ですが、ご主人が射精障害で性交渉ができませんでした。不妊専門病院では、今の状態では体外受精でも可能性は乏しいと宣告され、人工授精を継続され、鍼灸来院半年で妊娠され、流産せずにめでたくご卒業になった方です。妊娠が判明したのは44才になった月でした。ちなみにこの方は、ご希望により17週まで通院されましたが、流産せずにめでたくご卒業されました。

<受療ポイント>
人工受精も自然妊娠も、妊娠の機序自体は同じですので、治療間隔は週に1度でお越しください。但し、この段階から次の段階(体外受精など)へステップアップする場合は、それを視野に入れた治療になりますので、話し合いながら治療を進めていきます。

(3)高度生殖医療(体外受精や顕微受精など)段階の方々

 体外受精や顕微授精段階の方にはいろんなケースがあります。またAMHが非常に低い方もたくさんおられますが、計測限界以下(0.1未満)の方で、体外受精不成功だった方も、来院から数ヶ月で妊娠される方が何人もおられました。

 あなたの状態が思わしくなくても、光が見えるかも知れません。どうか、あきらめないで下さい。そこで次にいろいろなケースをご説明します。(詳細は「育卵治療(卵子の劣化防止)」のページ参照)

1)一度も体外受精を受けたことがなく、タイミングや人工受精段階の延長で体外受精を視野に入れられている場合。

 タイミングや人工受精では、何が妊娠の障害となっているかわからないことが多く、まずは一度受けてみて、うまく行けばそのまま妊娠に至りますが、うまくいかない場合に原因が見えてくることがしばしばあります。

<受療ポイント>
そのまま体外に進まれて良い結果を得られる場合がありますので、当面は週に1度以上の治療を受けて下さい。なお、次の2)に述べるように、確率を上げたい場合は、2)に準じます。

2)過去に体外受精を経験され、うまく行かずに来院される場合。

 この場合は、なぜ妊娠できなかったか推測できる場合が多々あるので、それを分析して鍼灸でできることをご説明します。今までで、過去に20回以上もの採卵や胚移植を繰り返され妊娠に至らなかったにも関わらず、鍼灸を開始して採卵成績が徐々に向上し、妊娠出産に至る方が何人もおられます。この場合は、過去の採卵成績もお聞きしたうえで、妊娠の可能性などをお話しています。IVA段階の方も鍼灸開始後に採卵成績が明らかに向上している例があります。お気軽にご相談下さい。実は来院者ではこのケースの方が沢山おられます。過去、もっとも劇的な変化のあった方は、来院前に16回採卵して胚盤胞が1個も取れず、来院後の採卵で2個を取り、出産されました。

<受療ポイント>
過去の体外授精でなぜ妊娠出来なかったかを考えた治療間隔になります。週に1回ないし数日毎に通院して下さい。成績の顕著な上昇は、その通院間隔を守られた方々で顕著に現れます。当院で最高齢妊娠となる46才の方々は、全員がこの治療間隔をきちんと守られていました。

3)胚移植のために治療を行う場合。

 胚移植を控えておられる場合は、免疫寛容による着床率の向上と妊娠の維持を目指します。
 (詳細は「着床率、妊娠率の向上」のページ参照)

  1. 当院で治療中に採卵、胚移植される場合は、その際に治療計画をお話します。
  2. すでに凍結胚があり移植前から開始される場合、できれば移植周期の月経の少し前から治療を開始します。それはレーザーによる免疫寛容を起こすのに、一定の期間と回数が必要だからです。各種アレルギー疾患の終息や良好状態の定着例を参考に、レーザーと鍼灸の両方を毎回継続します。また直前には更にそれを強める付加治療を行います。

<受療ポイント>
週に1回の治療で、胚移植の頃のみ1回だけ回数を増やします。そのタイミングは移植胚(初期胚か胚盤胞か、または二段階移植かなど)によって異なりますので、その際にお話します。

(4)男性不妊(及びそのために体外受精を余儀なくされている場合)

 男性不妊の中でも、精索静脈瘤の場合は手術の適応となりますので、まずは男性不妊外来を受診して下さい。またクラインフェルター症候群などの無精子症を引き起こす場合は、治療が困難です。が、その他ほとんどを占める原因不明の男性不妊には、高い割合で効果が現れます。精子は卵子よりやや短く70日余で成長していきます。この間に、しっかりと治療を行い、体外授精段階の何人かの方が自然妊娠されています。男性側に原因があるのに、女性が負担を強いられているのは、精子が少ないと体外受精か顕微授精しか、決定的に救済する方法が西洋医学には無いからです。しかし卵巣も精巣も同じ胚葉から発達し、走行こそ異なるものの同様の血管や自律神経支配を受けているからには、卵巣の血流増進は精巣にも同様の効果を及ぼすはずです。その考え方で、効果が現れる方がおられます。一度ご相談下さい。(詳細は「男性不妊」のページ参照)

<受療ポイント>
男性不妊は、週に一度以上で継続して下さい。人工受精などの場合、リアルタイムに変化を観察します。早ければ精子の発育期間の70日を待たずして効果が現れます。

(5)妊娠されたあとは

 当院ではその方の状況に応じて9〜15週まで治療を継続します。妊娠がわかるのが4〜5週ですから、もう少し頑張りましょう。以前はすべて8〜9週で終了していたのですが、その後に血腫などで流産される方があり、せっかくここまで来たのに、予防できるかもしれない状態をおざなりにしてはいけないので、現在は個別に終了週数を考慮しています。詳細はその方に応じてお話します。

<受療ポイント>
妊娠が成立した後は週に1度で結構です。「臨月まで」とか「長く続けるほうが赤ちゃんが元気になる」などという院があるようですが、全くもって医学的根拠はありません。逆に、根拠のある週数まではしっかり継続して、ご出産につなげて頂きたいと思います。

(6)妊娠15週以後の治療

 鍼灸による妊娠維持の効果を確認しておりません。また医学的にも根拠が定かではありません。

<受療ポイント>
もし他の症状で治療ご希望の方は、お気軽にお申し出下さい。なお、その後にお越しになる症状として最多は「逆子」「腰痛」「出産後育児による腱鞘炎」などです。

☆皆様へお願い☆

挙児を希望して来院され、めでたくご懐妊で終了された後、メールでも電話でも結構ですので、必ずその後の結果をお教え頂きますよう、宜しくお願い申し上げます。ご報告頂きたい事は、その後の経過で特筆すべきもの、出産日、分娩方法(経膣、帝王切開)、出産体重、男女の別について、お教え下さい。また次の妊娠へのご希望や相談などありましたら、ご遠慮なくどうぞ。

なお、その他何かお困りの事やご相談は 「hari9@pearl.ocn.ne.jp」(中村専用メールアドレス)までご連絡下さい。

また上記のような治療は、過去のデータに基づいています。詳細は他のページをご覧下さい。

平成28年 5月 記

TEL 075-212-9278 受付時間[ 月〜金 ] 9:00 - 20:30[ 土 ] 9:00 - 17:30

PAGETOP
Copyright © 2002 Nakamura Acupuncture Clinic All Rights Reserved.