京都市、中京区/下京区/ 滋賀県、草津市/栗東市の鍼灸は「なかむら第二針療所」と「草津栗東鍼灸院」で。不妊症、脱毛症、難聴、自律神経系疾患は当院で! 茨木市、高槻市など大阪、兵庫からも多数来院されています。

MENU

逆子について

当院の逆子(骨盤位)治療の流れ

エコー

エコー

赤ちゃんの向き(胎向)はしばしば変わりますので、毎回エコーで正しい胎向を確認することが重要です。

  1. まずエコー(保健所了承済み)で、赤ちゃんの位置を確認します。 産婦人科で逆子(骨盤位)と言われても、来院時に治っているケースが1〜2割ありますので、その際は初診料のみ申し受けます。
  2. 逆子であることを確認したら治療を始めます。
    治療は足に鍼をします。これで子宮の血流量が上がったり、収縮が抑制されたりします。また足の小指にお灸をします。現在は電気で行います。これは温度の均一化と不要なやけどの防止の為です。
    その後に腹部への鍼はわずかにちくっとするくらいの軽微な刺激を鍼で行います。
  3. 治療の直後に10分間逆子体操をして頂きます。
    お灸により胎動が増え、鍼によりおなかの張りを緩和しますので、その直後に体操をすることに意味があります。運が良ければ、この逆子体操の後に、赤ちゃんの向きが大きく変化している事があります。
  4. 3で治っていなければ、赤ちゃんの回りやすい方向に横向きに寝て、しばし安静にして頂きます。その間に、肩こりや腰のだるさのある方には、少しマッサージでほぐします。 別途料金は発生しません。
  5. その後、自宅でせんねん灸と逆子体操をして頂きます。 
    お灸直後の逆子体操に意味がありますので、日に出来れば2、3回して頂きます。
  6. 週数により、週に1度程度~数日間隔で何度か通院して頂きます。
  7. 通院回数は、最低3回をお願い致します。この3回でもし治らない場合、改善の可能性をお話します。
    赤ちゃんの角度、向きなどが3回とも変わっていなければ、改善の可能性は低いと言えるでしょう。

躊躇している間に赤ちゃんは成長し、治りにくくなります。ご注意下さい。以上、安全且つ効果的な治療法ですので、安心の上来院下さい。複数の産婦人科や助産院からも非常に多数のご紹介があります。

逆子治療費

初診料(今後、他の症状で来院されても、新たに初診料は発生しません) 1,500円
治療費(画像での診察と自宅灸48個300円を含みます/追加は別途300円) 4,600円

患者様の声

Hさん 31才、職業 医師

来院時:妊娠37週1日(第3子)
来院時の胎向:骨盤位第2胎向第1分類(当院のエコーで患者様とともに確認)
来院時の胎児体重:2800g弱

お手紙治療後は、胎児の傾きがやや変化した程度。その2日後に産婦人科を受診されると、頭位に改善されていて、その時の胎児は既に2800gでした。またその後11日後に経膣分娩にて無事ご出産されました。

コメント・データ

<エコー導入から平成29年8月31日までに治療を終了された427人の骨盤位のデータ>

初診時週数 初診時頭位
(治療不要)
2回以下通院
(効果不明)
改善せず 改善  計 改善率
(%)
 30週以下 21(27%)  9 12 36  78 78.3
31週  20(30%) 7 14 25 66 64.1
32週 19(23%) 7 25 31  82 55.4
33週 7 (11%) 7 24 28 66 53.8
34週 5 (8%) 11 16 28  60 63.6
35週 6 (16%) 4 10 16  36 61.5
36週 2 (7%) 8 10 10  30 50
37週以上 1(11%)  3 1 4 9 80

表の見方と治療効果の解説
1,当院では3回以上の治療をお願いしています。例えば2回の通院では1回目の治療効果しか確認できず、無効と判断するには早計であるので、判断を保留としています。一方3回お越しになると前の2回の効果を確認できるので、それをひとつの目安として、3回以上の通院者における改善率を示しています。
2,32週以下では、来院時に逆子が治っている(初診時頭位)場合が約2〜3割おられます。これはエコーをそなえているからこそわかることですが、これくらいの週数は放置しておいても治る可能性が高い事を示しています。

3,しかし33週以後は、自然に治る方は顕著に減少しています。ですのでここからの改善率が依然として5割以上となっていることから、「鍼灸をしなくても治ったかも」と言える32週までと違い、33週からは「鍼灸をしたから治った」と言える例が増えていると思います。
4,37週以上で来られた方は、前から逆子であったのではなく、この週数で急に逆子になった方々ですが、この改善率は数が少ないためのイレギュラーだと思っていました。しかし他の鍼灸院でも似たデータがありました。つまり胎児が大きくなっているにもかかわらず逆子になってしまった場合、子宮内腔には相当のゆとりがあり、胎児の活動化もあり、治りやすいのかもしれません。
5,これらを初産婦、経産婦に分けて見たりすると、おそらく後者の方が改善率は高いと思われます。が、前回の出産から何年を経過しているか、例えば昨年出産したか、5年前に出産したかで経産婦と一括りに出来ないので、その経過をも考えると、更に膨大な数で検証をしなければならず、それは現段階の数では不可能と思われます。

以上より、逆子治療は32週頃には開始するのが望ましいと思います。

TEL 075-212-9278 受付時間[ 月〜金 ] 9:00 - 20:30[ 土 ] 9:00 - 17:30

PAGETOP
Copyright © 2002 Nakamura Acupuncture Clinic All Rights Reserved.