京都市、中京区/下京区/ 滋賀県、草津市/栗東市の鍼灸は「なかむら第二針療所」と「草津栗東鍼灸院」で。不妊症、脱毛症、難聴、自律神経系疾患は当院で! 茨木市、高槻市など大阪、兵庫からも多数来院されています。

MENU

各医療機関との提携

医療機関との提携について

 当院は様々な医療機関と提携、連携しています。
 平成18年1月から、栗東市にある「医療法人ちばレディースクリニック」において、鍼灸外来を始めることになりました。初めて千葉医師に面会を申し入れ、鍼灸外来を開かせてほしいとお願いいたしました。千葉先生は、何のコネもない一介の鍼灸師の私の話を真剣に聞いて下さり、この唐突な申し入れをご快諾いただいたのでした。

 平成20年1月、ある医師から一通のメールが届きました。その医師は、現在の「社会医療法人太秦病院」の整形外科医で鍼灸師でもあった小嶋晃義先生でした。その後、同法人の理事長である医師加茂久樹先生ともお話をし、統合医療のひとつの形として鍼灸部の立ち上げをお手伝いすることになりました。(至27年)

 その頃、ある助産院から「妊婦さんの逆子を治してほしい」と言われ、吹雪の中、東近江市へ出向き、妊婦さんの治療を行い、逆子を治しました。その技術をお褒めいただき、その助産院と技術提携することになりました。それが朝比奈助産院です。

 平成21年に入り、以前より一度お会いしたかった「醍醐渡辺クリニック」の院長渡辺浩彦医師とお会いする事ができました。そこで当院の実績をお話しました。またクリニックと当院と両方で治療を受けておられる方の中に、かなり困難な不妊症の方が妊娠されていることに興味を示していただき、提携関係を締結することになりました。ここでは鍼灸外来は行いませんが、不妊症患者さんの妊娠のためなら、壁を越えて連携して行くことになりました。その後も、実際にお会いして又はメールで、様々な情報交換をしたり質問に答えて頂 いたりしています。

 さて、平成24年も暮れる頃、知人のご紹介で「すごく東洋医学に造詣が深い歯医者さんがおられる」との事でお会いしました。その先生は、歯科の範疇を越えて、東洋医学をも取り入れながら、様々な口腔疾患に対応される先生です。その後、非定型歯痛の患者さんの治療を、その先生のアドバイスを取り入れて行った所、まさに劇的に効果がありました。もう「目からうろこ」どころでなく一種の衝撃でした。その患者さんは痛みのせいで、歯科で9カ所の治療、心療内科での抗うつ剤、マウスピース着用 を経て来院されたのですが、3回の治療で痛みが劇的に緩和し、それまでの全ての治療が必要なくなったのでした。この歯科医が金谷昌幸先生です。

 よく、「中村先生はコネをたくさん持っている」と言われます。でもそれは違います。すべて面識もない私の訪問を快く受け入れてくださっているのです。鍼灸医学に偏見を持たない心の広い先生方のご厚意によるものなのです。見ず知らずの一介の鍼灸師である私の話に真剣に耳を傾けてくださり、「患者さんにとって良い形ならば」とご理解をいただけた結果がこれらの連携であり提携です。この先生方の懐の大きさを感じます。

 今後は、患者様のために、よりよい医療を提供していく事を最優先に、西洋医学、東洋医学の長所を併せて取り組んで参りたいと思います。

 また、医療においてもっとも厳しい目を持つ医師の信頼を得ることは、鍼灸医療の発展と普及に少なからず寄与できるものだと考えています。そして鍼灸医療は、もっと高く広いフィールドで今、真価が問われるべきであると考えています。

TEL 075-212-9278 受付時間[ 月〜金 ] 9:00 - 20:30[ 土 ] 9:00 - 17:30

PAGETOP
Copyright © 2002 Nakamura Acupuncture Clinic All Rights Reserved.