最近の日記

口コミ

 最近、患者さんの紹介元が多岐にわたります。ご家族、友人知人、そして仲良くしているお医者さん方はもとより、最近は全く知らない人からの紹介があります。

 例えば、ネットで知り合った人から。

 某大学の産婦人科のお医者さんから(当方面識がない)。

 どこかの整骨院の先生から

つい最近だけで、こういった紹介がありました。口コミってすごいですね。

?周年記念

アップロードファイル 104KB

 京都の本院は1990年に開院し、今春32年を迎えました。女性で言えば厄年。コロナの襲来はまさに厄年かと思われるほど、患者さんが減りました。少しご年配で遠方から来られる方は、ことごとく通院が中断し、3割以上の減少となりました。そこからじわりじわりと回復したものの、コロナ前に比べると今も2割位は少ないように思います。

 ところで滋賀の分院は、今春開設10周年を迎えます。滋賀の方々は車移動が多いせいか、コロナによる受療控えが京都ほど顕著ではなく、回復軌道に乗るのが早いような気がします。

 さて本院30周年の時は、そんな状況でまさに「手も足も出ず」といった状況でした。いや、このときにラジオ番組やったよな、と思い出しましたが。

 そして今春の分院10周年で何か皆様に還元できることはないかと考えました。というまさにこのときに、新型のスーパーライザーが発売になったのでした。そこですべて最新式に変更しつつ、治療費は据え置く、というのは皆様への感謝の気持ちの現れでもあります。

 そして第二弾。当院のリーフレット(2種類)を完全にリニューアルしました。今月より順次お配りしていきます。ひとつは当院オリジナル。もう一つは3つの鍼灸院の合作です。とても大切なことをいっぱい載せましたので、ぜひともお読み下さい。
 さてその際に、粗品としてカード型の簡易体温計をお配りします。計1500枚準備しましたが、どれくらいでなくなるか予想もできませんが、カレンダーを200部準備して年末だけでなくなることを思えば、今年中になくなるでしょうか。

 皆様どうぞお楽しみに。

勉強、読書、思索の回復

アップロードファイル 157KBアップロードファイル 39KB

昨年11月、今年4月の2回の講演の準備で、この半年間はかなりそれに多くの時間を費やしました。その間、私のしたいことが停止してしまいます。

勉強、読書、そしてバイオリンの練習。やりたいことが阻害されるのが、すごく嫌いです。

早速、再開しました。

読みかけの書籍は、ローマ帝国の中にキリスト教が迫害を受けながら定位置を占めていくか、まさに古代ヨーロッパの歴史の佳境に入ってきました。

それからDoHADという言葉をご存知でしょうか。妊娠中のお母さんの生活が、これから生まれてくる赤ちゃんの将来の体質を大きく左右するという考え方。というよりもはや事実。

妊娠中のお母さんの運動が、胎児に与える影響を解説しています。

また通院中の方にはお知らせしたいと思います。